秋になると楓だけでなく

 

銀杏 英語

 

銀杏

の葉っぱも色づいてきます。

 

そんな銀杏は英語で
どのように呼ばれているのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

銀杏は英語でなんていうの?

銀杏は英語で
どのように言われているのかといえば

 

ginkgo

ginkgo tree

ginkgo biloba(学名)

 

といったように呼ばれています。

 

「ginkgo」という英語は

「ギンコウ」

という風に読みます。

 

なんだか日本語の銀行を思わせるような
呼び方となっていますね。

 

ちなみに、

銀杏の英語がなぜ
日本語みたいな読み方になってるのか?

といえば、

 

日本語の「銀杏(イチョウ、ギンナン)」が
ginkgoの語源になってる

という説が存在しています。

 

1700年代に日本で見たことを
紹介する本を書いたドイツ人医師・ケンペルが

 

「銀杏」の音読みである「ぎんきょう」を

「ginkyo」もしくは「ginkjo」

と書くべきとことを

 

書き間違えて

ginkgo

となったとされています。

 

そしてその後も
銀杏の間違いが引き継がれてしまい

 

カール・フォン・リンネという生物学者が

1771年に発行された
「Mantissa plantarum II」という本の中で

 

イチョウの属名をGinkgoとした

とされていますし、

 

ゲーテが1819年に発行した
「西東詩集」においても

ginkgo

の名が使われています。

 

読み方の間違いが
そのまま英語として定着するというのは

何とも不思議なものだと思いますね。

 

スポンサードリンク

 

銀杏は英語で例文だと?

銀杏の英語を使った例文には
どのようなものが存在するのかといえば

例として以下のようになっています。

 

an old ginkgo tree.

銀杏の老木

a big ginkgo tree.

大きな銀杏の木

a plant, called ginkgo.

銀杏という植物

a plant of the Ginkgoaceae family.

銀杏科に属する植物

 

a shape that looks like a ginkgo leaf.

銀杏の葉のような形

 

For example, the seed skin and hulls of a ginkgo
has appropriate strength and also is hardly rotten.

例えば、銀杏の種子皮殻は
適宜の強度を有するとともに腐敗しにくい。

 

普通に銀杏と書く場合ですと

ginkgo

と書かれますけども、

 

銀杏の木と書く場合ですと

ginkgo tree

という風に書きます。

 

銀杏の関連記事はこちらも↓

銀杏の読み方はどうなっているの?

 

 

銀杏は英語でまとめ

銀杏は英語でどのように書くかといえば

ginkgo

という風に書きます。

 

銀杏の英語が日本語から来てるかもしれない

と考えると
何とも不思議なものだと思いますね。

 

スポンサードリンク