ハロウィンといえば

 

トリックオアトリート お菓子 渡し方

 

トリックオアトリート
(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ)

といって子供たちがお菓子をねだりますが、

 

トリックオアトリートといわれたら

お菓子をあげるとき
どのように言葉を返せばいいのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

トリックオアトリートでのお菓子の渡し方は?

トリックオアトリートと言われた際に

お菓子の渡し方としては
どんな言葉を返せばいいのかと言えば

 

基本的には
トリックオアトリートと言われたら

 

ハッピーハロウィン!

トリート!

 

のどちらかを言って
子供たちにお菓子を渡すようにしましょう。

 

また、

ハロウィンは基本的に
おばけ等の仮装をしていますので、

お菓子をあげるからいたずらはやめて~

みたいに言って
お菓子を渡すのもよろしいです。

 

 

トリックオアトリートでお菓子を渡す場合何がいい?

トリックオアトリートといわれたら
お菓子をあげるのが決まりとなってますが、

 

トリックオアトリートと言われたときに
渡すお菓子は何がよろしいのでしょうか?

 

基本的に

ハロウィンで渡すお菓子には
どれがいいという決まりは存在しませんが

 

小さいサイズの

クッキー

チョコレート

キャンディ

が定番とされています。

 

なぜかといえば

小さいサイズのクッキーやチョコレート
キャンディといったお菓子は

 

小さいサイズなので
家にやってくる子供に配りやすいですし、

持ち運びしやすいからです。

 

配りやすさでいえば
うまい棒なんかでもよさそうですが、

 

小さいサイズのクッキーやチョコレート
キャンディなどを押さえておけば

とりあえず大丈夫かとは思います。

 

スポンサードリンク

 

トリックオアトリートはお菓子じゃない?

トリックオアトリートといえば

お菓子をくれなきゃいたずらするぞ

と訳されてる場合が多いです。

 

「trick」の部分は「いたずら」と訳せますが
「treat」の部分は日本語だと

取り扱う、扱う、処理する おごる、ごちそうする

といった意味になります。

 

そして子供にとってごちそうといえば
お菓子になりますので、

 

いたずらかごちそうか

といった意味が存在している
「trick or treat」が日本では

 

お菓子をくれなきゃいたずらするぞ

となっているのです。

 

ちなみにハロウィンで
家を訪ねてお菓子をもらうようになったのは

 

古代ケルトの

ソウリング(Souling)

という ケーキを乞う
習慣が由来になってるとされます。

 

ハロウィンの由来は 11月1日に行われる
「諸聖人の日」から来ており、

翌日11月2日には
故人への祈りの儀式が行われるとされます。

 

そして祈りの儀式では

ソウルケーキ(Soul Cake)

と呼ばれるケーキが弔い捧げられ

 

子供たちは仮面をつけて歌を歌いながら家を回り
ソウルケーキをもらい回っていました。

 

そしてそれが発展してハロウィンに

トリックオアトリート

といってお菓子をもらいに家を回る風習に
変化していったとされています。

 

ハロウィン関係の記事はこちら↓

ジャックオーランタンは英語で 例文だと?

ハロウィンでかぼちゃがなぜ使われているのか?

ハロウィンのかぼちゃは英語でなんと?

ジャックオーランタンを折り紙で簡単に作るオススメ手法は?

ハロウィンでの仮装は英語でどうなってるの?

 

 

トリックオアトリートでお菓子の渡し方まとめ

トリックオアトリートといわれたときの
お菓子の渡し方などは以上です。

 

なので、

小さいチョコやクッキーキャンディを用意して
トリックオアトリートと言われたら

 

ハッピーハロウィン!

トリート!

 

等の言葉を言って
お菓子を渡すようにしましょう。

 

スポンサードリンク