お年玉と言えば

 

お年玉 お菓子

 

お金をあげる

というのが一般的になりますが、

 

お金の代わりに

お年玉としてお菓子をあげる

という方法はアリなのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

お年玉としてお菓子をあげるのってあるの?

お年玉としてお菓子を
お金の代わりにあげるというケースが

実際に存在しています。

 

例えば

お年玉をあげる子供が幼稚園児やそれ以下の年齢と
まだ幼かったりする場合ですと、

 

お金の価値が分からない

という子供も多いかと思いますし、

 

小さい子供だったら

お金よりもお菓子を直接貰う方がうれしい

という場合もあります。

 

なので
お年玉をあげる子供が小さい場合

お年玉としてお菓子をお金の代わりにあげる

という選択肢は存在します。

 

 

お年玉のかわりにお菓子をあげない方がいい場合も?

ただ、

お年玉としてお菓子をあげるのを
やめといた方がいい場合も存在します。

 

お年玉としてお菓子をあげるのを
やめといた方がいい理由としては

以下のようなものが挙げられます。

 

 

お菓子の好みが子供によってある

お年玉としてお菓子をあげる場合
注意をしないといけないポイントとしては

 

子供によってお菓子の好みがある

というケースです。

 

子供といえばお菓子が好きという
イメージがありますが、

お菓子と一言でいっても
たくさん種類が存在していますし、

 

子供によっては好きなお菓子もあれば
そんなに好きじゃないお菓子もあります。

 

だから、

お年玉としてお菓子をあげる場合は
好みなども把握しておく必要があります。

 

スポンサードリンク

 

お菓子を食べさせない家もある

家庭によっては

お菓子を食べさせない

というところも存在しています。

 

例えば家によっては
のどに詰まったりする危険があることから

 

2歳くらいの子供には
チョコレートやガム、キャンディーは食べさせない

という家も存在していますし、

 

お菓子を食べ過ぎてしまって

栄養バランスが偏ったり
ご飯を食べられなくなってしまう

ということにならないように、

 

お菓子を食べさせないもしくは
多く食べさせないように制限している

という家庭も存在しています。

 

なので、

お年玉としてお菓子をあげるのは
迷惑という家もあるので注意が必要です。

 

 

アレルギーもある

子供によっては
お菓子に含まれている成分によって

アレルギーが発症する

というケースも存在します。

 

子供のアレルギーの有無によって
食事にも気をつけているという場合、

 

お年玉としてお菓子をあげて
喜ばれるかは微妙なところになります。

 

 

お年玉に関連したその他記事一覧

お年玉は親からもらうのは当たり前なの?

お年玉はいとこにもあげるべきなの?

お年玉は英語で 説明をする場合は?

お年玉をあげないためにはこうすべき?

お年玉は社会人になっても貰うものなの?

お年玉は赤ちゃんにもあげた方がいいの?

 

 

お年玉にお菓子をあげるまとめ

お年玉としてお菓子をあげた方がいいかは
以上となっています。

 

子供は小さいから
お菓子をあげる方が喜ばれる

と思うかもしれないですが、

 

家庭の方針やアレルギーの有無などあるので
あげる際には事前に聞いておくなどしておきましょう。

 

スポンサードリンク