お正月になると大人から子供へ

 

お年玉 いとこ

 

お年玉をあげる

という風習がありますが、

 

お年玉はいとこにも
あげるべきなのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

お年玉はいとこにもあげるものなの?

いとこつまり両親の兄弟姉妹の子供といっても
年齢など様々だと思いますが、

 

自分が社会人となっていて
年の離れたいとこがいるという場合、

 

お年玉をいとこにあげた方がいいのか?

という疑問が出るかと思います。

 

一応お年玉をあげる際の決まりは

年長者から年下(未成年)にあげるもの

ということだけが決まっていて

 

特に金額や間柄などの細かい部分は
決まっているわけではないのです。

 

だから

別にお年玉を年の離れたいとこにあげるのは
特別おかしいことではないのです。

 

ただ基本的にはお年玉のやり取りは

 

親→子

おじ、おば→姪・甥

祖父母→孫

 

というのが一般的ですので

お年玉をいとこにあげるのは
そこまで浸透しているわけではなりません。

 

なので

お年玉をいとこにあげるという人もいれば
あげないという人もいる等まちまちです。

 

 

お年玉をいとこにあげる基準の年齢は?

年の離れたいとこに対して
お年玉をあげるかどうかの基準には

いとこの年齢

も関わってくるポイントになります。

 

例えば

自分が社会人で
いとこの年齢が幼稚園~小学生

という場合でしたら、

 

お年玉をいとこにあげる

という意見は多いです。

 

そしてその逆に

自分が社会人で
いとこの年齢が高校生から大学生

という場合ですと

お年玉をいとこにあげなくてもいい

という意見の方が多いです。

 

ただ、

自分が社会人でいとこの年齢が中学生

という場合ですと、
ちょっと微妙なラインとなってきますので、

 

お年玉をいとこにあげるかどうかは

いとこが親や祖父母からお年玉を貰ってるか?

等のポイントから考えて行くといいでしょう。

 

ちなみに赤ちゃんに対してもあげるかどうかはこちらを↓

お年玉は赤ちゃんにもあげた方がいいの?

 

 

スポンサードリンク

 

お年玉をいとこにあげるさいの金額は?

お年玉をいとこにあげるという場合、
金額はどれくらいがいいのかと言えば

 

お年玉の金額は
明確に何円というのはないですが、

目安として金額の相場は以下のような感じです。

 

小学校低学年:1000円~3000円

小学校高学年:2000円~5000円

中学生:3000円~5000円

高校生:5000円以上

大学生:10000円

 

なので、

小学校くらいのいとこに対し
お年玉をあげるという場合ですと

 

1000円~2000円

くらいの金額でも問題ないでしょう。

 

ちなみに

お年玉をあげたくないという場合は
こちらの記事を参照ください↓

お年玉をあげないためにはこうすべき?

 

 

お年玉に関連した記事

お年玉は英語で 説明をする場合は?

お年玉は親からもらうのは当たり前なの?

お年玉としてお菓子をあげるのはアリなの?

お年玉は社会人になっても貰うものなの?

 

 

お年玉をいとこにあげるまとめ

お年玉をいとこにあげるかどうかは
個人の自由だと思いますが、

 

それでもいとこの年齢が小学生くらいなど
だいぶ離れている場合ですと

お年玉をいとこにあげる

ということをする必要も出てきます。

 

スポンサードリンク