ハロウィンに飾るかぼちゃには

 

ジャックオーランタン 英語

 

ジャックオーランタン

という名前がありますが、

 

ジャックオーランタンは英語で
どのようになっているのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

ジャックオーランタンは英語でこう書く?

まずジャックオーランタンは英語で
どのように書かれるのかと言えば

 

Jack-o’-lantern

という風に書かれています。

 

Jack-o’-lanternに使われてる「o’」には
どのような意味があるのかと言えば

 

o’ は of や on の略

とされていて、

 

アイルランドにおいて

Jack of the lantern

と元々呼ばれていた呼び名が変化して

 

Jack o’ lantern

となってそれがお化けかぼちゃの名前となり

 

Jack-o’-lantern

と呼ばれるようになったという事です。

 

ちなみにジャックオーランタンの「ジャック」は
男の人の名前の事で

「ランタン」はちょうちんやランタンの事なのは
何となく理解できていたのですが

 

「オー」の部分はいったい何なのかと思ってたら 

of や on の略

だったのはなんだか意外でした。

 

スポンサードリンク

 

ジャックオーランタンは英語だけど日本語だと?

そもそもジャックオーランタン自体が
英語となっているのですが、

 

日本語に訳された際は
どんな意味になっているのかと言えば

 

1.カボチャちょうちん

2.鬼火、狐火

 

といった意味が存在しています。

 

ジャックオーランタンが
カボチャちょうちんの英語になってるのは

 

ジャックオーランタンの見た目がそのまま
かぼちゃちょうちんになってる事から

理解する事が出来ますが、

 

ジャックオーランタンが

鬼火、狐火

の英語になってるのは
なんだか意外な気がしてきますね。

 

鬼火や狐火と言えば
闇夜の空中を漂う炎ですが、

 

ジャックオーランタンも実は
アイルランドおよびスコットランドでは

火の玉や光る衣装を纏うカボチャ頭の男

として伝わっている妖怪で
日本における鬼火のような存在なのです。

 

(ジャックオーランタンも元々の意味は
「ランタンを持つ男」となっています。)

 

なので、

ジャックオーランタンが
鬼火や狐火の英語として使われてるのは

当然と言えば当然と言えるでしょう。

 

ハロウィンのかぼちゃについてはこちらも参照↓

ハロウィンのかぼちゃは英語でなんと?

 

 

ジャックオーランタンの英語での例文は?

そんなジャックオーランタンの
英語での例文はどんなものがあるかと言えば

一例としては以下のような文章になっています。

 

ジャックオーランタン 英語2

 

上記の例文を見ていると

ハロウィンに使うかぼちゃのちょうちん
という意味でつかわれている他にも

 

鬼火という意味で
ジャックオーランタンが使われてる例もあります。

 

ハロウィンのその他の記事はこちら↓

トリックオアトリートでのお菓子の渡し方は?

ハロウィンでかぼちゃがなぜ使われているのか?

ジャックオーランタンを折り紙で簡単に作るオススメ手法は?

ハロウィンでの仮装は英語でどうなってるの?

 

 

ジャックオーランタンは英語でまとめ

ジャックオーランタンは英語で
どのようになっているのかについては以上です。

 

ジャックオーランタンは
かぼちゃのちょうちんとして知られてますが

鬼火や狐火という意味もあったのは
なんだか意外だなと思いました。

 

スポンサードリンク