ハロウィンと言えば

 

ハロウィン かぼちゃ なぜ

 

ジャックオーランタンと呼ばれる
かぼちゃが飾られますが、

 

ハロウィンでかぼちゃはなぜ飾られるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

ハロウィンでかぼちゃはなぜ飾られる?

ハロウィンでかぼちゃを飾られるようになった由来は

ケルト人の全ての聖人と殉教者を記念したり
収穫を祝う日となっている

 

万聖節

が起源となってるとされています。

 

もっと掘り下げると
万聖節は11月1日となっていて

その前夜の10月31日は
夏の終わりと同時に冬の始まりということで

 

あの世とこの世の境がなくなる日

とされていて
悪霊や魔女がやってくるとされていました。

 

なので
そんな悪霊や魔女から身を守るために

魔除けの焚火を焚いたり
仮面をつけたりしたのがハロウィンの発祥です。

 

ハロウィンのカボチャは中をくりぬいて
火をともして灯として使っていますが、

魔除けの焚火がまさにその由来ですね。

 

ただ万聖節の前日に
悪霊を追い払うために使われていたのは

 

 

かぼちゃではなくカブでした。

 

ちなみに現在でもスコットランドでは
10月31日にはカブが用いられています。

 

それでなぜ

ハロウィンの灯りに使われていたのが
カブからカボチャになったのかといえば

 

ハロウィンはヨーロッパから
アメリカに伝わった文化となりますが、

 

当時はアメリカでは
カブはあまり馴染みのない野菜で

その代わりにかぼちゃがたくさん収穫されてました。

 

なので、
たくさん収穫されてるという事で

ハロウィンに使われる灯りに
カブではなくかぼちゃが使われるようになったのです。

 

なので、

ハロウィンにかぼちゃが使われるようになったのは
アメリカに渡ってからになるのです。

 

ハロウィンが元々
収穫祭としての意味があったのを考えると

たくさん収穫されるかぼちゃを使うのも
当然のように思えてきます。

 

スポンサードリンク

 

ハロウィンのかぼちゃはなぜジャックオーランタン?

ハロウィンのかぼちゃには

ジャックオーランタン

という名前が存在してますが、

 

ハロウィンのかぼちゃになぜ
ジャックオーランタンという名前がついてるか?

といえば

 

以下のような伝承が
上記のハロウィンの由来と結びついたからとされます。

 

 

あるところにジャックという
うそつきの男が存在していました。

 

ハロウィンの夜にジャックは、
魂を取りに来た悪魔に出会いますが

悪魔をだまして
10年間はジャックの魂を取らないことを約束させます。

 

10年後に再びジャックの前に悪魔が現れますが

またうまく悪魔をだまして
ジャックの魂を永遠に取らないと約束させました。

 

そしてその後ジャックは
寿命を迎えてしまうのですが

 

相手をだましてばかりいたので
天国へ行く事は出来なかったのです。

 

しかたなく地獄へ行こうとしたジャックの元に
昔だました悪魔が現れて

ジャックの魂を取らないと約束している

ということで地獄に入る事ができませんでした。

 

天国にも地獄にも行けないジャックは
悪魔に分けてもらった火を

落ちていたカブをくりぬいて作ったランタンに灯して
この世とあの世をさまよう事になりました。

 

 

そんな伝承がいつしか

万聖節の前日の収穫祭と混ざって
ハロウィンとなったという事です。

 

ハロウィン関係の記事はこちらも参照↓

トリックオアトリートでのお菓子の渡し方は?

ジャックオーランタンは英語で 例文だと?

ハロウィンのかぼちゃは英語でなんと?

ジャックオーランタンを折り紙で簡単に作るオススメ手法は?

ハロウィンでの仮装は英語でどうなってるの?

 

 

ハロウィンでかぼちゃはなぜまとめ

ハロウィンでかぼちゃはなぜ
飾られるのかという由来については以上です。

 

ハロウィンで飾られていたのが
本来はカブというのは意外でしたし、

それがアメリカに渡った事によって
かぼちゃへと変化したという事なのですね。

 

スポンサードリンク