よく道端で咲いているのを見かける花と言えば

 

たんぽぽ 食べる

 

たんぽぽ

が挙げられるかと思います。

 

たんぽぽは食べることができる
というのをご存じだったでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

たんぽぽは食べることができる?

花や葉そして根と全ての部分を
食べることができる食用の植物となりますし、

 

たんぽぽは西洋においては

サラダ用の葉の大きな品種があって
生のまま食べてしまうことができます。

 

さらに言えば
外来種として扱われてるセイヨウタンポポも

 

元々は明治時代頃にアメリカから札幌農学校へ
食用として輸入されたものが野生化し

日本に広がっていった

 

という側面が存在するくらい

たんぽぽを食べることができるというのは
知られていることだったりします。

 

 

たんぽぽの栄養はこうなってる

それでたんぽぽは
花や葉、茎、根まで食べることができますが

どのような栄養が含まれているかといえば

 

ビタミンA

ビタミンB群

ビタミンC

ビタミンD

ビタミンK

カルシウム

カリウム

ミネラル

食物繊維

 

等の栄養素が豊富に含まれます。

 

なのでたんぽぽを食べると

 

血行を良くする

解熱効果

便秘解消

腫れを治す

 

等の効果を期待できるとされています。

 

スポンサードリンク

 

たんぽぽを食べる際の注意点とは?

たんぽぽを食べる際には
どんなことに注意したらいいかですが

 

まずたんぽぽを食べる場合は

花を咲かせる前の春先の時期

が柔らかくて苦みが少ないので
食べるのにオススメとなります。

 

また、

たんぽぽと言えば
道端に咲いているをよく見かけますが、

 

道端に咲いているたんぽぽは
ペットのトイレとして使われてる場合がありますし

 

アスファルトなどの
人や車の往来があるようなところに咲いてるものは

 

有機(悪性)物質の含んだ水を吸って成長しますし
空気が汚れている場合だってあります。

 

なので基本的にたんぽぽを食べる場合は

道端に生えているものよりも
山や土手に生えてるようなものを選ぶようにし、

その場合でもできれば湯通ししておきましょう。

 

 

たんぽぽを食べる場合オススメな調理法は?

たんぽぽを食べる場合は
どんな調理法がオススメなのかといえば

 

生で食べるという場合は
よく洗ってからサラダとして食べるようにします。

 

たんぽぽの葉だけだと食べにくい場合や
採集した量が少ない場合は

キャベツなどの他の野菜を混ぜましょう。

 

生で食べる以外だと

たんぽぽを下茹でして苦みを抑え
お浸しや和え物、ソテーして食べることができますし、

てんぷらにして食べるのもオススメです。

 

 

たんぽぽの関連記事

たんぽぽの季節は何月になるの?

たんぽぽは漢字でなんという?

たんぽぽは英語でなんというの?

 

 

たんぽぽを食べることができるまとめ

たんぽぽは食べることができる植物ですが

道端に生えているものは
有害物質を含んでる可能性があるので

 

できることなら手当たり次第に
たんぽぽを摘み取らない方がいいでしょう。

 

スポンサードリンク