オオクワガタと言えば

 

 

クワガタの中でも特に
人気の高い種類になりますが、

 

オオクワガタの寿命は
大体どれくらいになるのでしょうか?

スポンサードリンク

 

 

オオクワガタの寿命はどれくらいなのか?

オオクワガタの寿命は
成虫になった後の場合ですと

 

飼育下だと2~3年

野生のものだと1年程

 

と言われています。

 

 

国産のカブトムシの
成虫となってからの寿命が

1~3ヶ月程

という事や、

 

ヒラタクワガタの寿命が

半年~1年程

 

ノコギリクワガタやミヤマクワガタの寿命が

3ヶ月~半年程

となっているのを考えると、

 

オオクワガタの寿命が

飼育下で3年以上生きる事があるというのは
長い寿命だと感じますし、

 

一説によるとオオクワガタは

7年生きた個体もいる

という程です。

 

(カブトムシの寿命に関してはこちらも参照↓

ヘラクレスオオカブトの寿命ってどれくらい?)

 

 

ちなみにオオクワガタは
卵から幼虫になり成虫になるまでの期間は

1~2年ほど

とされていますので、

 

幼虫の期間も合わせたらオオクワガタは

3~5年程

の寿命という事になりますね。

 

オオクワガタは越冬つまり
冬眠して冬を過ごす事が出来ますので、

環境が整ってさえいれば
長く生きる事ができるという事です。

 

 

オオクワガタの寿命が長い理由とは?

オオクワガタの寿命は
他のクワガタと比べて長いですが、

 

オオクワガタの寿命が
他と比べて長い理由として

挙げられている説の1つが

 

大人しい性格だから

というものです。

 

オオクワガタは

温厚で争いごとは好まない性格で
動きも非常にのんびりしています。

 

なので、

エネルギー消費量が少なくて
結果的に長生きできるという事です。

 

実際のところ
オオクワガタと形がよく似ている

 

 

ヒラタクワガタ

は凶暴で気が荒い性格なのですが、

 

寿命の方は

半年~1年程

とオオクワガタと比べて短いですし、

 

逆に大人しい性格のコクワガタの寿命は

2~3年程

とオオクワガタと変わらない寿命です。

 

なので、

オオクワガタの寿命が長いのも
性格による部分があるのかもしれません。

 

(ヒラタクワガタの性格については
こちらの記事でも触れています↓

オオクワガタとヒラタクワガタの違いはどこ?)

 

 

ただ、

オオクワガタでも野生のものは
餌をとるために活動しますし

他のカブトムシやクワガタムシと
戦うことだってありますので、

 

飼育下にいるオオクワガタと比べて
体力の消費も大きくなりますので

 

野生のオオクワガタは
飼育下のオオクワガタより寿命が短い

という事になるのです。

 

スポンサードリンク

 

オオクワガタの寿命を延ばすために

飼育下のオオクワガタの方が
野生のものよりも寿命は長いですが、

それでも注意しないといけない事はあります。

 

まず1つが

飼育ケース

 

飼育ケースは
Sサイズ以上のケースを用意して

なるべくゆったりとしておきましょう。

 

ケースの中にハスクチップを入れる場合は

4~5分目くらいまで入れて
クワガタが潜りやすくなるようにしましょう。

 

次に

スイカやメロン等の水分の多い餌は
尿が出やすくなってケース内が汚れ

不衛生になりやすいですので、

 

できる事なら
昆虫ゼリーなどを与えておきましょう。

 

また、
オオクワガタを飼育するときの温度は

20℃~28℃

の温度を保って飼育しましょう。

 

そして、

他のクワガタやカブトムシと戦わせて
体力を消費させないようにしましょう。

 

 

オオクワガタの寿命まとめ

オオクワガタの寿命については以上です。

 

オオクワガタは以外にも
寿命が結構長いものですね。

 

クワガタ関係のその他の記事↓

クワガタは英語でこう呼ばれていた?

オオクワガタの値段はなんとこれくらいなの?

オオクワガタのギネスってどれくらい?

 

 

カブトムシ関係の記事↓

カブトムシは英語で 読み方等は?

カブトムシの買取はできる 価格はどれくらい?

カブトムシの値段の相場はどれくらい?

 

 

スポンサードリンク