梅雨の季節に咲く花と言えば

 

 

あじさい

の印象が強いです。

 

そんなあじさいが出てくる絵本には
どんなものがあるのでしょうか?

 

 

あじさいの絵本ってどんなのがあるの?

あじさいの絵本だと
どんなものがあるかといえば

以下のものがオススメだとされています。

 

 

あめのもりのおくりもの


あめのもりのおくりもの おおきなクマさんとちいさなヤマネくん (日本傑作絵本シリーズ) [ ふくざわゆみこ ]

 

著:ふくざわ ゆみこ

出版社:福音館書店

 

あらすじは

あじさいを見たいヤマネくんと雷を怖がるクマくんが
大雨で洪水が起こってる中で

あじさいを見に行くという内容になっています。

 

 

紫陽花さんとお話しているよ

著:滝口 龍

イラスト:中村 陽子

出版社:しおり書房

 

紫陽花を通じて
「ものを観る眼、感じる心」を学ぶ絵本です。

 

子供に読み聞かせるだけでなく、

子育てなどで忙しく疲れ気味の大人にも
オススメな絵本となっています。

 

 

おさんぽ おさんぽ


おさんぽおさんぽ/ひろのたかこ【1000円以上送料無料】

 

著:ひろの たかこ

出版社:福音館書店 

 

長靴をはいて外へ出かけて

いろいろな生き物を見つけたり
水たまりに飛び込んだりと、

子供目線で書かれた雨の日の本です。

 

あじさいがメインというわけではないですが、
絵本の中には綺麗なあじさいが登場します。

 

 

あめふりさんぽ


あめふりさんぽ (講談社の創作絵本) [ 江頭路子 ]

 

著:江頭 路子

出版社:講談社

 

こちらも雨の日に散歩に出かけて

雨の日ならではの景色や
いきもの達との出会いを描いた絵本です。

 

こちらの絵本でも
あじさいは登場しています。

 

他にもあじさいの絵本はあるのですが

その中でも特にオススメとされるのは
この4つの絵本となっています。

 

 

あじさいの絵本でこんな絵本も

あじさいの絵本の中には

あじさいホテル

というタイトルも存在していて、

 

「昔読んだこともあって印象が強い」

「また読んでみたい」

 

という声もいくつか見ます。

 

しかしあじさいホテルは
昭和に出版された絵本で、

 

当時は幼稚園教育読本として配布されて
一般書店では入手できない絵本

だったとのことで、

 

現在でもAmazonや楽天等の
大手通販サイトでも出回ってなくて

手に入れるのは難しい状況です。

 

ただ、

子どもの心に伝えたいお話365+1 4・5・6月

という本の中に
あじさいホテルも収録されてるとのことです。

 

 

あじさいの絵本まとめ

あじさいの絵本については以上です。

 

あじさいが出てくる絵本も
調べると結構あるなと思いましたが、

 

あじさいをメインに扱ってるものから

雨の中で散歩してる時に
あじさい等の生き物と出会ったりする等、

内容も幅が広いと感じました。

 

ちなみに
あじさいに関連した記事は他に

 

あじさいの季節っていつ頃なの?

あじさいの俳句で有名なところだと何がある?

紫陽花は英語で 読み方はどうなる?

 

等でもまとめています。